加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

内閣官房震災ボランティア連携室 連携プロジェクト「助けあいジャパン」Facebookページがオープン!
※この記事は、あくまで私見に基づいて書いたものです。



東日本巨大地震が起こってから、1週間が過ぎました。
本当にあっという間だったような、でも、驚くほどいろいろなことがあったような、
正直よくわからない感覚です。

でもやっと、この1週間で奔走してきたものが形になります。
もちろん、形になるといっても、スタートラインに立っただけですが・・・


内閣官房震災ボランティア連携室 連携プロジェクト
「助けあいジャパン」のFacebookページがオープンしました!
http://www.facebook.com/TasukeaiJapan



内閣官房震災ボランティア連携室 連携プロジェクト「助けあいジャパン」Facebookページ





ベストセラー「明日の広告」の著者であるさとなおさん( @satonao310 )が
以下のブログでも書いてくれていますが、
先週土曜の午後、つまり地震発生後1日くらいのタイミングから、
多くのプロジェクトが同時並行で走ってきました。


民と官の連携を試みます
http://bit.ly/h7VmE2



内閣、政府も含めて誰も経験したことがない事態なだけに、
方向性は二転三転したなんてものではないんだと思います。
僕自身は直接会議に参加してきたわけではないので、詳細はわかりませんが、
上記さとなおさんのブログで実感いただけるかと思います。

そんな中、さとなおさんと中高時代の同級生である
当社ループスCEOの斉藤( @toru_saito )を筆頭に、
ループスメンバーも全面的にボランティアとして、
ソーシャルメディア上の運用事務局とFacebookページ構築を担当させていただきました。

それでオープンしたのが、冒頭で紹介させていただいた
「助けあいジャパン」のFacebookページです。
内閣府が、現地から届いた避難所の最新情報を提供してくださる予定です。





この「助けあいジャパン」プロジェクトの主旨はこちら。
「助けあいジャパン」Facebookページより転載)


2011年3月11日。誰も経験したことのない大震災が東北と関東を襲いました。

いますぐ、救わなければいけない命があります。そしてここから、勇気を持って前へ進んで行かなくてはなりません。

余震が続き、メディアからは大波に破壊される町の映像や原子力発電所のニュースが繰り返し流れる中、被害を免れた私たちは被災地の人々の悲しみや恐怖を思い、「何かしたい」という気持ちを募らせました。

大切な人の安否をさがす声があります。避難所で生きようとする多くの人がいます。避難所以外でも、困難な毎日を送る人がいます。ボランティアとして現地に入ることを望む多くの人がいます。物資の提供をしたいという人や企業があります。

「なるべく正確な情報をたくさん集めて、被災地の人たち(被災者、自治体やボランティア)と被災地以外の人たち(物資を送ろうとしている人、ボランティアに行こうと思っている人)に届けること」。

このサイトは、特にこの数か月、インフラが整わず、現地の状況が困難な期間に、その手助けをするためにあります。足りない物資、足りている物資、やってほしいこと、やらなくていいこと。内閣府震災ボランティア連携室からの情報提供を受けながら、可能な限り信頼できる情報を集めて掲載していきます。

また、現地に入っているボランティアが、目の前にいる人を助けようとして直面する個別の様々な課題の解決をサポートする、知恵やノウハウが集まるところになります。

そして被災地の人たちへの祈りや励ましが見えるように、届くようにしていきます。

多くのボランティア団体やボランティア経験者には阪神・淡路大震災や新潟県中越地震、さらに様々な海外の災害の救援活動をして来た経験とノウハウの蓄積があります。

そして今日、携帯電話、インターネット、ソーシャルメディアが発達し、一人ひとりが発信し、共有できる情報の量は格段に増えています。これまでは聞こえて来なかった小さな声を聞き、きめ細かいニーズを吸い上げ、個人の力、チームの力を無駄なく大きく生かす工夫ができるはずです。

日本語に「助けあい」という言葉があることを、うれしく、誇らしく思います。この言葉を今、一人ひとりが新しい気持ちでとらえ、考え、自分にできることをすることで、助かる命があります。

官、民、NPO、ボランティア、役場の人、自衛隊員、お母さん、おばちゃん、おじいちゃん…立場や呼ばれ方を越え、ひとりでも多くの人が助けあい、ひとつでも多くの命を救うために。 このサイトが役に立つよう、できる限りの努力をしたいと考えます。 多くの人の参加と協力をお願いします。




この主旨に賛同し、この1週間でこれだけ多くの方々がボランティアで協力してくださいました。
「助けあいジャパン」Facebookページより転載、
 Facebookページからはお一人おひとりのプロフィールへリンクが貼られています。)


参加いただいた企業、個人の方々(50音順・敬称略)

Amazon.com,Inc (サーバーの提供)
Google Inc (マップ情報他、技術情報の提供)
sinsai.info (情報共有基盤システムの提供)
株式会社ライブドア (システム構築実現に向けての技術協力)
株式会社ループス・コミュニケーションズ(事務局機能、Facebookページ製作)

青柳 公右平
跡部 徹
阿部 哲也
Celica Araki
Midori Ariyama
イケダ ハヤト
市川 裕康
伊藤 友里
大垣 桂
大元 隆志
小野崎 真一
小原 憲太郎
小俣 剛貴
笠原 つくる
梶原 健司
片山 啓吾
加勇田 雄介
京増 紫織
小石 知孝
佐藤 茜
篠原 広高
白土` 良之
新谷 洋子
Katsuhisa Suzuki
田中 慎一
玉橋 匠
Yutaka Tsujino
徳永 康彦
中島 明
長山 悦子
野村 謙次
野本 纏花
浜端 知二
舩木 展子
星野 暁久
増井 翔子
松下 美貴
南 暁子
柳瀬 武彦
矢野 卓
山端 友美
山本 大介
吉田 基紀


本プロジェクトの開発・構築チーム(50音順・敬称略)

浅見 義治
荒河 慎介
イイヅカ アキラ
池邉 智洋
石川 淳哉
石川 路子
岡村 健右
加藤 たけし
鎌田 麻三子
上梨 能寛
川端 大介
北野 達也
許 直人
後藤 里嘉
小和田 香
斎藤 圭吾
斉藤 徹
佐々木 大輔
定金 基
佐藤 澄子
佐藤 尚之
島津 裕介
関 治之
高萩 克也
野田 祐機
原田 千佳
福田 浩至
古橋 大地
松本 純一
三浦 広志
森内 章

(3/18時点)



お一人おひとりも本業や計画停電で大変な中、
これだけ多くの方々にご協力いただけたこと、
本当に嬉しく思っています。

募金・災害情報・復興情報に関するリンク集など、
情報として簡潔にまとまっています。
http://on.fb.me/dXrB86





私たち、一人ひとりの心は見えないけれど、あなたの心遣いは誰かに見せることができます。私たち一人ひとりの思いは見えないけれど、あなたの思いやりを誰かに伝えることはできます。


震災の影響で、テレビ番組のスポンサーのうち70%以上が自粛している現在、
空いた広告枠を埋めるため、テレビ局は営利目的ではない
ACジャパン(旧公共広告機構)のCMを流さざるを得ない状況になってますね。

上記メッセージをテレビでご覧になった方も多いかと思いますが、
僕自身、非常に強く共感しているメッセージです。


被災者の方々のために、
ひとりじゃできないことをみんなでやるために。


今、あなたの力が必要です。


内閣府震災ボランティア連携室と恊働したプロジェクト「助けあいジャパン」



「助けあいジャパン」のFacebookページ、
ぜひ「いいね!」をお願いします!

http://www.facebook.com/TasukeaiJapan






「東北関東大震災」支援クリック募金




※追記(2011/03/19 21:01)
 もともとこの記事に掲載していた動画や写真は、別記事にまとめました。
 目に焼き付けておくべき動画のまとめ ~被災地支援の活動をずっと継続していくために~
 http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-645.html


※この記事は、あくまで私見に基づいて書いたものです。
※よろしければ、最近書いた記事もご覧ください。

被災地支援のために動いている友人・知人たち
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-643.html

こんな時だからこそユーモアを ~思わず笑顔がこぼれる写真7選~
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-642.html

震災後72時間、多くのステキな動画や記事と出逢った
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-641.html

これから1週間で東日本巨大地震のためにできること
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-640.html






※この記事に対して何かご意見やご感想、追記情報などがある方は、以下までご連絡ください。
 可能な限り対応させていただきます!

----------------------------------------------------------------------

【メール】takeshi.kato1204(アットマーク)gmail.com
【Twitter】http://twitter.com/takeshi_kato
【Facebook】http://www.facebook.com/takeshi.kato1204
【mixi】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=3208596

----------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://take1204.blog7.fc2.com/tb.php/644-d0fdcbe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。