加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

ループスのノウハウを全て公開した戦略書 「ソーシャルメディア・ダイナミクス」を1月20日に出版!
1.初めて来られた方は、このブログ1日1歩のコンセプトをご覧下さい。
2.本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会”Reading-Lab”開催中!
3.就職活動で東京に来る学生さんに無償で寝床を提供します!
----------------------------------------------------------------------------------


昨日の段階でTwitterやFacebookでお知らせさせていただいたので
既にご存知の方も多いかと思いますが、


弊社ループス・コミュニケーションズが1/20(木)に
最新書籍「ソーシャルメディア・ダイナミクス」を出版します!



「ソーシャルメディア・ダイナミクス」の見本誌が届いた瞬間!


この写真を撮った時は、実はかなり手が震えていました。
だって、僕が10月にループスに入社して以来のメイン業務の一つであったこの書籍。

出版に関わった経験はもちろん初めてでしたし、
この写真の見本誌が届いて本を手にした時の感情は今でも鮮明に覚えています。
本の重み以上に、様々なことを思い出したり、実感したりしました。


そしてもちろん、夏からずっと執筆をしてきた7名のループスメンバー、
出版社の方、編集の方々の方が、僕よりずっと想いは強いはずです。

インタビューにご協力いただいた皆さまも含めて、多くの方々のご尽力により、
この書籍が完成したことを本当に嬉しく思っています。
皆さん、心より御礼申し上げます。


また、この書籍の制作過程ですごく実感したのが、ソーシャルメディアの力です。
社長の斉藤をはじめとした弊社メンバーがTwitterやFacebookに書籍のことを書く度に、
本当に大勢の方々からあたたかい応援メッセージをいただきました。

執筆を進めたのは7名ですが、皆さんの想いとともに書き上げた書籍だと思っています。
ぜひお手にとっていただき、ソーシャルメディアの戦略本として、
デスクの右隅に置いていただければ幸いです。


ソーシャルメディア・ダイナミクス ~事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略~ソーシャルメディア・ダイナミクス ~事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略~
(2011/01/20)
斉藤徹、ループス・コミュニケーションズ 他

商品詳細を見る






そして。

そんなループスのノウハウを全て公開した戦略書を
3名様にプレゼントさせていただくキャンペーンを、
TechWaveの湯川さんが記事として取り上げてくださいました。

ループスさんの新刊をTechWave読者にプレゼント
http://techwave.jp/archives/51577181.html


キャンペーンを始めてまだ間もないのですが、
TwitterのRT数450以上!


詳細は上記記事をご覧いただきたいのですが、
キャンペーンは1/19(水)、つまり【本日24時まで】です。

以下のツイートをRTするだけで応募は完了です。
まだご参加いただいていない方、よろしければぜひご参加ください!

【TechWave特別企画】ループスのノウハウを全て公開した戦略書「ソーシャルメディア・ダイナミクス」を3名様に贈呈!このツイートをRTすると応募完了です。第3章の無料DLも要チェック http://bit.ly/eeMzfp #smdynaless than a minute ago via HootSuite




また、上記にも記載がある通り、
今回の書籍の第3章のみ、無料PDFとして先行リリースしています。

抽象的になりがちなソーシャルメディア論をできるだけ具体的に、
現場の悩みや問題点をイメージしていただくために、
第3章はストーリー仕立てで展開しております。

登場人物は皆様ご存じ、青島俊作をはじめとする「踊る大捜査線」の面々がモチーフ。
上司への提案や社内闘争などの荒波を乗り越えながらソーシャルメディアを運用し始めるという、
一筋縄ではいかない現場の喜怒哀楽を感じていただける内容です。

以下のURLよりご覧いただけますので、よろしければこちらにぜひ!

第3章無料PDF先行リリース
http://book.mycom.co.jp/support/pc/smd/




ということで、想いがあふれたのか、少々長い記事になってしまいました。
書店に足を運んでいただいてもまだ本は並んでいないと思うので、
まずはプレゼントキャンペーンと無料PDFを!



※コメントや議論等はTwitterやFacebookのファンページにて行っています。
 ぜひそちらへお願いします!

@takeshi_kato をフォローする@takeshi_kato をフォローする or Facebookのファンページにてコメントする




<お知らせ>

・2010年の振り返りをランキング形式でお届けします!
・日米ソーシャルメディア討論会を開催!予想を超えたコラボレーション!
・祝!この1年間でリーラボにご参加いただいた皆さんの力で海外に図書館が建ちます!



<今日のハッピー&サンクス&アクション>

僕のHAPPYは、新刊のプレゼントキャンペーンに対して、
想像以上に多くの方々にご参加いただけていること。
皆さんに興味をお持ちいただいているのだと思うと、本当に嬉しいです。

僕のTHANKSは、このキャンペーンにご協力してくださった湯川さん、
そしてキャンペーンにご参加いただいた皆さま。
全ての方にお礼を言えないのが残念ですが、本当にありがとうございます!

僕のACTIONは、このブログを書いたこと。
書籍に関してかなりいろいろ考えたので、
それを少しでも言葉として残しておきたかったので、よかったです。


スポンサーサイト

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

この記事に対するコメント

こんにちは、早朝グルメの会を開催したい皆様へ

4月に新OPENする茅場町にあるレンタルスペースのご利用はいかがでしょうか。
日本橋、東京からのアクセス抜群の茅場町駅から徒歩一分!!職場からも近いし、とても便利です♪

小人数でも格安でご提供できます。
1階には三重県で大人気のホットドッグの専門店
『高虎ドッグ』(AM 6時~)がございますので、
仲間たちとおいしい食事をしながら、朝を楽しく
有意義に活用してみては、いかがでしょうか。

詳しくこちらのホームページ↓↓
http://www.ohedo-consul.co.jp/facilities/index.html
【2011/02/10 14:33】 URL | 大江戸コンサルタント #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://take1204.blog7.fc2.com/tb.php/639-e1a5dff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。