加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

第7回読書朝食会@田町の某高級マンション会議室
※初めて来られた方は、このブログ1日1歩のコンセプトをご覧下さい。
--------------------------------------------------------------------


こんにちは!

土曜の午前11時、とても素敵なカフェに入りました。
田町駅からすぐ、TOKYO CIRCUS CAFEです!h
モノトーンを基調にした、スタイリッシュなカフェでした。

CIRCUS@田町



ランキング混戦中!?
就活ブログランキング、今日は何位でしょう??



何故土曜の午前から田町にいたのかというと、
第7回読書朝食会だったから。
今回も前回に引き続き、14名もの方々に参加していただきました。
参加して下さった皆さま、ありがとうございます!!


さて、毎回試行錯誤しながら探している開催場所。
今回は、とある高級マンションの会議室です。
なんと、このマンションはコンシェルジュ付き・・・
驚きですね(^^;)笑

何度かお邪魔しているのですが、
皆のリアクションを見て改めて、そのすごさを実感しました(笑)


ということで、今回も非常に多くの方に集まっていただけたので、
14名を2グループに分けての同時進行。
このブログでは僕がいたグループの7名の本について
エッセンスをシェアさせていただきます。

※別グループでの内容に関しては、今回もKでさんが書いてくれました。
 ありがとうございます!!

 Kでさんのブログ:カリスマ県カリスマ市



1冊ずつ本を紹介していくこの会、
今回のトップバッターはKずきでした。
4回目の参加で、毎度毎度「もうネタが切れてきた・・・」と言ってますが(笑)

日本の富裕層―お金持ちを「お得意さま」にする方法日本の富裕層―お金持ちを「お得意さま」にする方法
(2006/02)
臼井 宥文

商品詳細を見る

経営者層と接することが仕事柄多いため、
それをきっかけとしてこの本を手に取ったそうです。
読んで驚いたのは、富裕層に共通していえるのは、
仕事とは全くといっていい程関係がないことに
興味関心を持っているということ。


一番興味関心を持ちやすいのは、仕事関係のことでしょう。
そういうことに関しては自発的に接するのですが、
富裕層はそうではないということは非常に興味深かったです。

Kずきの場合は、リベラルアーツが最も
”今までの自分ではわからなかったもの”だそうです。
今の自分自身の興味関心の範囲外でどんなものがあるか、
まずは浅く広く接していってみてもいいかもしれませんね。
以前Tのさんが紹介してくれた日本のお金持ち研究とつながるところもありそうです。



2人目は、今回が初参加!
この会場を予約してくれたH子です。
何を持って来ようか迷ったようですが、
こんな本を紹介してくれました。

人生のプロジェクト人生のプロジェクト
(2007/11/08)
山崎 拓巳

商品詳細を見る

僕自身も本屋で少しだけ立ち読みをしたことがあるのですが、
”期限の決められた物事は、すべてプロジェクトだ”というテーマのもと、
言葉と写真を上手く使って表現されており、非常にドラマチックな本です。

目標を決め、その期限まで時間軸で考えながらPDSを回していく
ということの重要性を身にしみて感じるようで、
忙しい時に改めて読むと良い本だと彼女は言っていました。
「自分自身に問う内容が多い」と。
昔から非常に好きなテイストの本ですし、僕も是非読もうと思います。

・・・と思っていたら、好きな理由がわかりました。
サンクチュアリ出版なんですね。
僕は高校時代から高橋歩のファンなんです(笑)

>H子
やっぱりこの著者の山崎拓巳さん、アムウェイみたいだよ。




3人目は、3回目の参加ですが、
そのうち2回はタクシーにて駆けつけてくれている(笑)Sみずくんです。
今回はタイトルが非常に印象的な本を紹介してくれました。

ヒトデはクモよりなぜ強い 21世紀はリーダーなき組織が勝つヒトデはクモよりなぜ強い 21世紀はリーダーなき組織が勝つ
(2007/08/30)
オリ・ブラフマン/ロッド・A・ベックストローム

商品詳細を見る

中央集権型の組織を「クモ型」、分権型組織を「ヒトデ型」と呼び、
多くの事例を取り上げながら、
組織論、リーダー論などについて書かれた本のようです。
Sみずくんが大学時代にいたゼミの教科書になっているとか。
彼が卒業した後の話ですが。

スペイン軍vsアパッチ族、アメリカvsアルカイダ、
MGMvsナップスターなどの例が挙げられていましたが、
言うまでもなく前者がクモ、後者がヒトデです。
ヒトデ型組織の場合、トップがいなくても、いなくなっても、
分かれて再生して生き延びる生命力があります。

まさに真っ二つに切られても死なないヒトデ。
上手い例えですね。
ビンラディンが生きているのかいないのかわからないアルカイダが、
僕にとっては一番イメージがしやすかったです(笑)

アメーバ経営とか、ユニット経営ともつながる考え方でしょうか。



4人目に本を紹介したのは僕です。
最近の悩みに一番ヒットしてくれたのはこんな本。

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
(2008/03/03)
泉 正人

商品詳細を見る

「レバレッジシリーズの本田直之さん推薦」という文言に
踊らされて買ったというのが正直なところですが(苦笑)
1時間かからずに読めると思いますし、
概念ばかりではなく実践できるという点は非常に良かったです。

お金のために働くのではなく、お金に働いてもらうことが重要。
この考え方と似ている部分もありまして、
自分自身が働くのでは限界があるので
仕組みに働いてもらうことが重要です。
「才能に頼らない」「意志の力に頼らない」ためにも仕組みをつくること、
それが今の僕にとって緊急で求められることだと、
再認識することとができました。

労働時間=業績という図式から脱却するためにも、
「いつ」「誰が」「何度」やっても「同じ成果」を出せる仕組みづくり。
これから1ヶ月間、まずはトライしてみようと思います。



5人目はOこしさん。
前回に引き続き3回目の参加ですが、
以前Yっけさんが紹介してくれたこの本です。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
(2006/05/08)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る

これからが右脳の時代だという話もありましたが、
今回一番話題になったのは、物語について。
物語があるから、ベンツもヴィトンも売れるのでしょう。

また、個別よりも全体調和が大切になってくる時代において、
共感というキーワードから「中性的な存在」がもてはやされると
Oこしさんはおっしゃっていました。
これは彼の見解ですが、その理由は現代が平和だからだそうです。
平和であれば同性愛者も増えると。

またもう1点話に挙がったのが、この本の訳について。
アメリカでベストセラーの本を大前研一が訳したのがこの本なのですが、
”but also”の使い方が適切でないように見受けられる部分もあるようです。
僕は原書を読んでいないので何ともいえませんが。



6人目は、前回から参加してくれているTおくん。
ラッシュ時に帰りの電車に乗れる会社を探している(笑)ようですが、
そんな彼が紹介してくれたのはこの本です。

謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦
(2008/03/14)
須田 将啓、田中 禎人 他

商品詳細を見る

本屋でよく目にする本ですし、
タイトルも非常にキャッチーでおもしろそうだったのですが、
そういえば手に取ったことすらないこの本。
彼は「会社を辞めて何かしたいなぁ」と思ったそうです。

元博報堂の2人が起業し、
今までにどのようなストーリーを経てきたのかが
書かれているようなのですが、
”世界初に挑戦する”という社訓のもとで
働く仲間が集まるワクワクする会社なんだろうなぁと
強く感じる本のとのこと。
エニグモに関する話、是非本人から聞いてみたいですね!

・・・と思っていたら、もしかしたら
須田さん@エニグモの共同代表取締役と会えるかもしれません!
会えたようであれば、すぐにまたここに書かせていただきます。

そうそう、話に挙がったCGC、Consumer Generated Contentsでしょうか。
エニグモの消費者参加型CM制作ネットワークである
filmo(フィルモ)に関しても言えますが、
アウトプットは誰もがしやすい時代になってきています。
その分だけ競争が激化しているはずなので、
プロはプロたるバリューを出さなければなりませんね。



今回のラストバッターは、3回連続3回目の参加となるSたん。
彼自身が企画・開催しているパワーモーニングの予定よりも優先して
この会に参加してくれました。
嬉しかったけど、申し訳ない・・・
次回以降気をつけます><

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべてなぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
(2005/10/12)
石井 裕之

商品詳細を見る

さて、彼が紹介してくれたのは占い師の本です。
正確にいうと”コールドリーディング”について。
「まったく事前の準備なしで初対面の人を占うこと」、
「人の心をその場で読むこと」を意味しますが、
Sたんがこの本を読んで思ったことは
相手が今どういう状況かを考えながら、
目的を持って心を開いていくことが信頼の第一歩

だということのようです。
そのように僕は解釈しました(笑)

占いは、ほとんどの人がYesと答えるような質問(ex.あなたは今悩んでますね?)から
徐々に信頼関係を構築していくコミュニケーションですが、
Yesと言いながら結論はNoに持っていく営業の話や、
ナンパの鉄人は左右どちらから声をかけるかを髪型で決めているなど、
非常に興味深いコミュニケーションに関する話がてんこ盛り!の場となりました。
こういった本を読んでから実体験と絡めて
議論すると面白いかもしれません。

しかし、”この本の「話し方本」「NLP」「心理学」は、もう古い!”という表現は
Sたん自身は全く理解できなかったそうです。
というか、それらについてまとめた本じゃん?みたいな(笑)



ということで、第7回読書朝食会を開催した土曜の午前も
あっという間に過ぎていきました。

次回第8回は5月8日(木)開催予定です。
興味をお持ちの方は、このブログにコメントするか、
もしくは直接メールや口頭でご連絡ください!





さて、読書朝食会が終わった後は、
6人でさっき紹介したカフェCIRCUSへ。
Sたんが朝結構使うスポットらしいのですが、
非常にオシャレで居心地の良い空間でした。

カレー☆

僕が食べたカレー。
おいしかったのですが、ランチにしては少し量が少なかったです。

サンド♪

アボガドが入ったサンドウィッチ。
OのさんとHるかが食べてましたが、これが一番美味しそうだったような気が。
もらえばよかった・・・苦笑


11時のオープン直後に乗り込み、
とりとめもない話をして結局1時間20分くらいの滞在。
OのさんとSたんのITリテラシーの高さばかりが目立った時間でした(笑)


解散した直後、KずきがiPodを買ったとか。
さすがの行動力ですね^^



それでは、まだチェックしてない方は
就活ランキング、チェックしてみてくださいね♪



<今日のハッピー&サンクス&アクション>

僕のHAPPYは、新宿高島屋のデパ地下に行けたこと。
リニューアルして以降行けていなかったのですが、
お惣菜とかケーキとか和菓子とか、美味しそうなものがいっぱいでした。
週末は、こんな風にのんびり過ごしたいですね。

僕のTHANKSは、朝一番で嬉しいメールをくれたKおりちゃん。
思わず保護してしまいました(笑)
これからずっと、ともに切磋琢磨していく仲間。
ありがとね。

僕のACTIONは、夕方疲れながらも会社に行ったこと。
土曜だし11連休の初日だったけど、
金曜に選考を受けてくれた学生の皆さんに
合否結果の通知ができていなかったので、
11日も待つ場合の心境を考えると・・・



>minoru

久し振り☆社会人はどうだい~??
中山さんと仕事で会ったんだね!
たしかに仕事できる人だとネゴられそうだ・・・笑
こちらとしては困るけど、いい経験だよね☆

今度またグルメディナー行こ~!!


>ERI

久々のコメントどうもありがとう!!
ホント、最近会ってないから寂しいよ~><

来月会えそうなので、ホント楽しみにしてます!!
良妻賢母、イメージしておくね(笑)


スポンサーサイト

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/27 14:13】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://take1204.blog7.fc2.com/tb.php/372-0faeb66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[交流会]第7回読書朝食会

お勧めの本をシェアする交流会です。参加も3回目になり、ようやく場慣れしてきました。今回は、三田にある高級マンションの会議室をお借りしました。前回のマリさん宅に並ぶ、素晴らしい物件です。いい家を見ると、自分も将来住みたいという気持ちになるので、いい目標にな カリスマ県カリスマ市【2008/04/28 08:33】

Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。