加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

第6回読書朝食会@都内某所
※初めて来られた方は、このブログ1日1歩のコンセプトをご覧下さい。
--------------------------------------------------------------------


こんばんは!

もう2週間も前の話になってしまいますが、
4月6日(日)に今年度1発目、
第6回読書朝食会を開催しました!

第6回読書朝食会参加者集合!!

15人が参加してくれるという大所帯!!



ランキング混戦中!?
就活ブログランキング、今日は何位でしょう??



今回も初回と同様、都内某所にて開催されたのですが、
15人も集まるなんて、本当に皆さん読書中毒ですね(笑)
(過去の読書朝食会の様子はコチラ


ということで、今回は非常に多くの方に集まっていただいたのですが、
そのこともあって困ったことが・・・
いつも通りに進行していくと、
いつもの倍以上の時間がかかるということです。
急遽15名を2グループに分け、同時進行していくことにしました。
このブログでは僕がいたグループの8名の本について
エッセンスをシェアさせていただきます。

※別グループでの内容に関しては、KでさんとKしが書いてくれました。
 お二人、ありがとうございます!!
 Kでさんのブログ:カリスマ県カリスマ市
 Kしのブログ   :人材業界で働くコンサルタントのブログ



今回も皆さん1冊ずつ本を紹介してくれたのですが、
トップバッターは4度目の参加、Tのさんです。
様々なジャンルの本を紹介してくれるため
いつも楽しみにしているのですが、今回はコチラ!!

野村監督に教わったこと―僕が38歳で二冠王になれた秘密―野村監督に教わったこと―僕が38歳で二冠王になれた秘密―
(2008/02/27)
山崎 武司

商品詳細を見る

38歳でホームランと打点の二冠王に輝いた、
楽天の山崎選手の本です。
思い返せば、松井や大豊と壮絶なホームラン王争いを演じ、
見事勝利したのが11年も前。
11年の年月を経て、トップに返り咲くということのすごさ、
僕にはまだ想像すらできません。

でも、トップに返り咲いたことの大きな理由の一つに、
自分を変え続けたことがあるそうです。
松坂も桑田も、1年に1球種ずつ新しく習得していく努力をしているそうです。
プロとして勝ち続けるためには、常に上を目指して
自分を変え続けなければならないのですね。

以前、アンラーニングについてもこのブログで書いたことがあります。
ビジネスもスポーツも、プロたる所以は同じですね。



2人目は、今回が初の参加となるHるかです。
旅行とか遊びとかではよく会っているのですが、
4月に看護師から養護教諭へと転身し、
この機会にこの会にも参加してくれたのでした。

そんな彼女が紹介してくれた本はコチラ。

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
(2006/05/10)
野口 嘉則

商品詳細を見る

以前僕もブログで紹介しているのですが、鏡の法則です。
100万部以上売れた本なのですが、
意外と参加者の皆さんはご存じなかったようでした。
ビジネス志向の方は、意外とこういった本は読んでいないのかもしれません。

”人生は心を映し出す鏡”という話があったかと思うのですが、
非常に強く心に残っています。

自分の気持ち次第で、日々起こる出来事や生活も変わってきます。
明るい気持ちや幸せ・愛情でいっぱいの人生を過ごしたいものです。

1時間と少しくらいで読める本だと思うので、
読んだことがない方は是非読んでみてください!!



3人目は、3回目の参加となるKずき。
早いもので、社会人2年目に突入しましたね。
そんな彼はコチラ!

頭のいい人は「場の空気」が読める!―たった1分で“うまくいく流れ”をつくるノウハウ頭のいい人は「場の空気」が読める!―たった1分で“うまくいく流れ”をつくるノウハウ
(2005/03)
中島 孝志

商品詳細を見る

Kずきらしいといえば非常にらしい(笑)1冊です。
場の空気を読むこと、そしてつくることが大切とのことでした。
人間関係をよくするためのエッセンスとか、
職場でうまくやっていくためのコツがつまっているようなので、
新社会人とか若手社会人向けの本ですね。

この本の話をしている時に盛り上がったのが、
トップ営業は場の空気を読んでいないように見えるということ。
鈍感力という言葉も流行りましたが、
場の空気を読まないワケではなく、
空気を読んだ上で打たれ強く、行動を曲げずにやっていくことが、
トップ営業の共通項かもしれません。
場の空気を読んでばかりじゃ、何も行動できませんしね。



4人目に本を紹介してくれたのは、この4月から社会人になったHろし。
社会人になって6日目にこの会の仲間入りをしてくれました。
学生団体の代表としても活躍していた彼が持ってきてくれたのは、
学生界で話題の会社アチーブメントの社長の本でした。

伝達力 話すプロの「伝わる技術」伝達力 話すプロの「伝わる技術」
(2005/03/19)
青木 仁志

商品詳細を見る

営業のカリスマとして有名な青木社長ですが、
彼が今まで培ってきた経験の集大成として
「こころで話せばこころに入る」
と表現しているそうです。
たしかに、その話し手の人間力は伝達力に大きな影響を与えますし、
相手のために話すこと、相手にとって何がためになるのかを伝えることは、
非常に重要ですね。

話をしないビジネスパーソンはいませんし、
新入社員として今後営業をやっていく彼にとっても、
新人研修と同等、もしくはそれ以上に強烈な1冊となったようです(笑)



折り返し地点を過ぎ、5人目は僕です。
参加回数はダントツの最多で6回目!笑
今回紹介したのは、以前ブログでもご紹介した
夢をかなえるゾウの本です。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る

詳細はその時のブログに書いてあるので割愛させていただきますが、
この本のテーマはまず動くこと
そんな話をしている最中に、
まず動けていない自分自身を再認識してしまいました。

たとえば、今回トップバッターで話をしてくれたTのさんの
”自分を変え続ける”ということ。
僕自身も3年前にアンラーニングキャパシティという単語を知ったので、
それ以降はその意義はわかっていたつもりですし、
意識もしてきたつもりです。
でも、それを実践してきたかと聞かれると、
自信を持ってYesとは言えません。

知っているとできるは違う。
できるとしても、教えることができるかどうかはわからない。
肝に銘じ、動いていこうと思います。

※アンラーニングキャパシティ=知識排泄能力
 状況の変化に直面し判断する時、
 過去の知識・経験(特に成功体験)にとわられず、それを捨てる能力。
 ドラッカーの「現代の経営」で言われている言葉です。



6人目は、今回が初参加!Tかおくんです。
前回から連続参加、今回は別グループだったSたんの紹介で
この会に飛び込んできてくれた社会人4年目の彼は、
こんな本を紹介してくれました。

粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫)粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫)
(1992/06)
城山 三郎

商品詳細を見る

三井物産に35年間在職し、華々しい業績をあげた後、
78歳で財界人から初めて国鉄総裁になった石田礼助の
生涯について書かれた歴史小説です。
78歳になってもチャレンジしていったその姿勢だけでも感銘を受けますが、
中でも特に印象的だったのは
「国鉄は公に使えているのだから、給料を返上しよう」
と言ったという話です。

石田礼助の一本筋が通った生き方に、本物の人間力と
粗にして野だが卑ではないという言葉の本当の意味を
実感できる本となっているようです。



さて7人目は、僕と同じ社会人3年目ながら
日々勉強の経験を積んでおり、非常に尊敬しているSずくん。
2回目の参加ですが、今回は早朝坐禅という本を紹介してくれました。

早朝坐禅―凛とした生活のすすめ (祥伝社新書 76)早朝坐禅―凛とした生活のすすめ (祥伝社新書 76)
(2007/07)
山折 哲雄

商品詳細を見る

座禅は、僕自身人生で一度だけ経験があります。
たしか高校の時だったと思うのですが、
体験講座みたいな感じで
鎌倉の建長寺にて経験しました。

普段あまり意識しないので心から抜けがちになりますが、
今回「一人で座ってやってみよう」と言われて、
その後実際に一人で自分を見つめ直す時間にやってみましたが、
頭が空っぽになったり、急にアイデアが思い浮かんだりして、
思っている以上に良い収穫もありそうです。

Sずくんも一人で散歩をしていると新しい発見も多いようで、
そういう時間を過ごせない日々からは脱却したいと改めて思いました。

ちなみに完全なる余談ですが、建長寺の修行僧がつくっていた”建長汁”が
一般市民に広まり、なまって”けんちん汁”になったと聞いたことがありますが、
本当なのでしょうか!?笑



こちらのグループラストバッターは、Oこしさんです。
彼は第3回に続いて2回目の参加ですが、
理系で大学院を出た彼らしく、今回も僕らにとって
あまり接点がなさそうな本を紹介してくださいました。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る

この本は結構売れている本で、僕も本屋で見かけた覚えはあるのですが、
実際に読んだことはありませんし、話を聞いたのも今回が初めてでした。

「生命とは何か?」をテーマとして書かれている本で、
その内容は詩(ポエム)的に表現されているようです。
物理学者が書いた本ですが、
野口英世の科学的アプローチを否定していたりと、
一くせも二くせもある、でも魅力的な本という印象を受けました。

論文もそうですが、人を引き付けるためによく使われる手法として
一般を否定するというものがあるかと思います。
そのこともまた改めて意識できた、良い機会でした。



計8人が僕のいたグループの参加者だったのですが、
もう一つのグループにいたOのさんからこんな一言が。

「本田直之さんの最新本に
 僕のエピソードが紹介されています!」


この本ですので、興味がある方は是非☆

レバレッジ英語勉強法レバレッジ英語勉強法
(2008/04/04)
本田 直之

商品詳細を見る



ということで、第6回読書朝食会はこのような感じで執り行われました。
次回第7回は4月26日(土)に開催します。
興味をお持ちの方は、コメントか直接メールや口頭でご連絡ください!



それでは、まだチェックしてない方は
就活ランキング、チェックしてみてくださいね♪



<今日のハッピー&サンクス&アクション>

僕のHAPPYは、大学時代のアルバイトの仲間と再会する予定が立ったこと。
もともとインターネットの在宅アルバイトだったため
あまり多くあったことはありませんが、
社会人になってからより機会が減ってしまったため、
非常に楽しみです!

僕のTHANKSは、シェアメイトの皆さん。
非常に言いづらいであろうことも言ってくれたし、
自分自身の課題が明確になりました。
ありがとうございます!!

僕のACTIONは、来週末以降の予定を、余裕を持って組んだこと。
予定を詰め過ぎてしまう傾向にある自分なので、
スカスカにしておきました。
これでリセットして、これからのための時間にしないとですね。


スポンサーサイト

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

この記事に対するコメント

ブログ見ましたー♪
ほんっと定期的にあわないと、ねー☆
11日31日たのしみにしていますv
【2008/04/24 00:44】 URL | ERI #- [ 編集]

読書。
はじめまして!
最近活字を読むことがなく、久しぶりに読書をしようと思い
何かいい本はないかと検索していました。
検索エンジンから偶然お邪魔して、ご縁を感じコメントさせていただきました^^
【2009/08/05 00:51】 URL | ゆか #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://take1204.blog7.fc2.com/tb.php/370-ba40e0ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。