加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

第3回読書朝食会@日本橋
※初めて来られた方は、このブログ1日1歩のコンセプトをご覧下さい。
--------------------------------------------------------------------


こんばんは!

今朝は普段めったに行かない場所、日本橋に行ってきました。

日本橋♪

日本国道路元標として日本の道路網の始点となっている場所です。
こういう所をのんびり散歩するのも、面白そうですね。



ランキング混戦中!?
就活ブログランキング、今日は何位でしょう??



さて、日本橋で何をしていたのかというと、
読書朝食会を開催したのでした。
約2週間に1度開催してきており、今回が3回目。
アウラントの大越さんのご厚意で、
会議室もお借りすることができました。
大越さん、ありがとうございます!

ということで、第1回第2回に引き続き
今回も会のエッセンスをシェアさせていただきます。
参加者は計10人でした。



トップバッターに立候補してくれたのは、
初回にも参加してくれた、某総合人材サービス企業で働くSほこ。
トップキャリアコンサルタントである先輩からのオススメで読んだ本だそうです。

「聞く技術」が人を動かす―ビジネス・人間関係を制す最終兵器 (知恵の森文庫)「聞く技術」が人を動かす―ビジネス・人間関係を制す最終兵器 (知恵の森文庫)
(2003/05)
伊東 明

商品詳細を見る

”聞く”ことに関するコミュニケーションスキルについて書いてあるようなのですが、
「向かい合って座る際は1メートル、横に並ぶ場合は30センチの距離が適切」といった
具体的な行動面のスキルについてはもちろんのこと、
「まずは相手と一緒の気持ちになることが重要」といったスタンスに関してまで、
彼女がキャリアコンサルタントとして仕事を始めるタイミングで
非常に参考になった話を紹介してくれました。

ちなみに彼女は、今日も11時半からカウンセリングがあって早退してしまいました。
残念だったけど、是非また参加してね!



2人目は、某教育研修会社に勤めるAい。
就活中のセミナーで会って以来3年の仲の彼女が紹介してくれたのは、
昔人間関係に悩んだ時に読んだ本とのことです。

言いたいことがきちんと伝わる50のレッスン―話し上手になれる本言いたいことがきちんと伝わる50のレッスン―話し上手になれる本
(2000/12)
平木 典子

商品詳細を見る

アサーティブという単語も一時期流行りましたが、
要点をわかりやすく挙げるのであれば
「論理ではなくて感情で伝える」ということでしょうか。
たしかに実際、人は最終的には感情で動くと思っています。
どんなに理由が正当でも、それをやるのが嫌であればやりません。
逆にいえば、好きかどうか、一緒にそれをしたいかどうかで、
人は最終的に動くのかもしれません。

スキルではないんだなと、改めて実感することができました。



3人目は、某人材紹介会社のHのくん。
新卒採用を担当しているため、業界も含めて完全に僕のライバルです(笑)

彼が紹介してくれたのは、
彼の会社の社長が読み、部長が読み、マネージャーが読み・・・
と受け継がれてきて彼も読んだというこの本。

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
(2006/04)
三枝 匡

商品詳細を見る

三枝さんは名著をいくつも執筆されていらっしゃいますが、
中でもこの本は有名でしょう。
2年間で組織をV字回復させた秘訣は、
 ”Small is Beautiful.”
責任の所在を明確にして、
各々が当事者意識を持って行動することとのことでした。

実はこの本、僕の上司である事業責任者のKさんのバイブル的な本でもありまして、
内定者時代にオススメされて読みました。
三枝さん、会ってみたいです(^^;)



4人目は、僕の会社の同期であるYぶ。
このブログを見て興味を持ってくれたようで、今回から参戦してくれました。

「リンクアンドモチベーションの小笹さんが好き!」
だと明言する彼女が紹介してくれたのはこの本。

時間の教科書―おちまさとプロデュース (おちまさとプロデュース)時間の教科書―おちまさとプロデュース (おちまさとプロデュース)
(2006/02)
「おちまさとプロデュース時間の教科書」をつくる会

商品詳細を見る

自分自身で変えられないことにパワーを割くのではなく、
自分で変えられることを変えることが大切だという
小笹さんの話を踏まえてこの本から受け取ったエッセンスは、
”同じ期日なら、時間がかかりそうなものからやる”ということだそうです。
たしかに人って基本的には重たいものはやりたがらないですし、
完成させるワケではなくても、重たいものにまず手をつけることは重要ですよね。



5人目は、前回の読書朝食会にも参加してくださったNべさん。
コミュニケーションとかビジネスに興味・志向が偏りがちな中で
非常にアツい本をご紹介くださいました。

運命を拓く―天風瞑想録運命を拓く―天風瞑想録
(1994/01)
中村 天風

商品詳細を見る

かの松下幸之助にも多大なる影響を与えたという内容らしいのですが、
「信念を持つ」「自分の尊さに気づく」といった、
人としての器が大きくなるためのスタンス、考え方を話してくれました。
Nべさんの信念の話にもなり、彼が
「正直に生きよう。飾ってもしょうがない。」と言っていたことも印象的です。



6人目は、とあるベンチャー企業で人材紹介をしているKずきです。
彼とは学生団体を一緒にやっていたこともあり、
今日いたメンバーの中では僕は一番いろいろ話している仲でしょう。

そんな彼が紹介してくれたのは、なんと!
前回ごっちんが紹介してくれたものと同じ本でした。
やっぱり名著、あらゆる所で話になるものです。

ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え
(2003/06/19)
本田 健

商品詳細を見る

とはいっても、同じ本でも人によって捉え方・感じ方は違うもの。
簡単にいうと「お金との付き合い方」に関する本で、
お金とパートナーになるという考え方はたしかに面白いと思いました。
お金を自分のところに留めるのではなく、
自分を起点にして循環させていくんだという話は非常に共感しましたし、
GIVEの5乗やGIVE&GIVEの話など、
心がけるべきスタンスの話もできてよかったです。
いかに人に幸せを提供できるか。
大切なことですけど、それが難しいですよね。



7人目は、イメージコンサルタントとして
フリーランスで活躍されているYっけさん。
彼女は僕自身も会うのは今日が2回目で、しかも
名刺交換しただけの関係だったから不思議です(笑)

彼女がオススメしてくれたのは、
第4の波(=コンセプト革命)が来るというテーマのこの本です。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
(2006/05/08)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る

6つの感性について大前研一が翻訳した本なのですが、
中でも印象的だったのは、これからは
右脳=デザイン・コンセプトの時代だということ。
左脳が不必要だというワケではありませんが、
IT技術の発達も含めて、機能はドンドンと代替されてきているからこそ、でしょう。

実はこの本、僕は昔買ったのですが、まだ読んでいません。
ブックオフで偶然100円で見つけたのでその場で買い、
部屋に平積みされて埋もれています(苦笑)
読まなきゃですね!



8人目は僕。
今回紹介させてもらったのは、
GMOインターネットの熊谷さんの本です。

彼の本で一番有名なのはおそらく
”一冊の手帳で夢は必ずかなう”だと思うのですが、
今回も前回に引き続き、
なんとなくメジャーじゃない本にしました(笑)

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則
(2005/04/20)
熊谷 正寿

商品詳細を見る

この本で僕が注目したポイントは2つで、
「夢・人生ピラミッド」と「未来年表」です。
人生とか夢について漠然と考えてはいるものの、
それを具体的にイメージしたり、行動に移せている人は多くないでしょう。
僕もその1人ですが、そういう人のためのツールとして
上記の2つは非常に優れたものとなっています。

先程の話と重複しますが、人は重た過ぎるとやらないもの。
熊谷さんの手帳はある意味重た過ぎるので、
このツールくらいがちょうどいいかもしれません(*^o^*)



9人目は、某有名不動産ポータルサイトを運営する会社から
出向して営業をしているKめいさんです。
僕が個人的に勉強会やセミナーに参加すると、
結構高い確率で彼に遭遇したりします。

彼が紹介してくれたのは、
リーダーシップに関する本を多く出版されている
シェイクの森田さんの本です。

デキる人は皆やっている 一流のリーダー術デキる人は皆やっている 一流のリーダー術
(2008/01/11)
森田 英一

商品詳細を見る

キーワードとしては2つピックアップされており、
「自律」と「G-PDCA」でした。
自分自身を律すること、そして
単なるPDCA(Plan→Do→Check→Action)の前に
Goalを設定することが重要だということです。
三枝さんがマクロな視点からリーダーシップを見ているのだとすれば、
この本ではミクロな視点から見た個々のリーダーシップについて
書かれているらしく、個人的にも重要なポイントだと思いました。



そして最後は、今回会議室を提供してくださったOこしさん。
もともとは参加する予定はなかったそうですが、
僕らがあまりにも偏った内容の本ばかり紹介していたので、
「あまり接点がなさそうな本」ということで
以下の本をご紹介くださいました。

Wikinomics: How Mass Collaboration Changes EverythingWikinomics: How Mass Collaboration Changes Everything
(2006/12/28)
Don Tapscott、Anthony D. Williams 他

商品詳細を見る

たしかに、どう考えても何もなければ接点がなさそうな本です(笑)
主にインターネット界の最新動向について書かれているそうなのですが、
かなり分厚くて専門的な内容であるに加えて、そう!
英語なのです・・・

でも、海外の方が最新の研究が進んでいるのはたしかでしょうし、
最新情報に対して常にアンテナを高く張っておくためには
厚い本、英語の本を読んでいくことは重要なんですよね。。。
自分の無力感が目立ちました(苦笑)

ちなみに、日本語版はこちらです。

ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ
(2007/06/07)
ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ

商品詳細を見る




ということでザッと共有させていただきましたが、
10人いた中の7人は今回が初参加だったんですね。
でもこうやって新しい方がドンドンと参加してくれ、
そこからまた輪が広がっていくようなコミュニティになれば、
こんなに嬉しいことはありません。

これからも定期的に続けていきたいと思っていますので、
興味をお持ちの方はご一報ください!

もちろん、今回参加してくださった皆さんはゼヒ次回以降も!!
今日はご参加いただきましてありがとうございました☆



それでは、まだチェックしてない方は
就活ランキング、チェックしてみてくださいね♪



<今日のハッピー&サンクス>

僕のHAPPYは、今朝の読書朝食会に多くの方が参加してくださったこと。
教える・教わるというよりは、ざっくばらんに意見を言い合う場にしたいので、
そういった意味でも良い会になったんじゃないかなって思っています。
これからも改善しながら、より良い会を目指したいです。

僕のTHANKSは、アウラントのOこしさん。
急遽ご連絡させていただいたにも関わらず、
今回の会にご協力くださいました。
僕はいつも彼からは教わってばかり・・・
今回もお世話になってしまい、本当にありがとうございます。
是非今度は参加者としてご参加ください!


スポンサーサイト

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

この記事に対するコメント

Kずきさんのblogから来ました(笑)

記事を見てて自律とG-PDCAが一番「グッ」と来ました!

なるほど、参考になります。
普段は全く意識していない部分ですし、
特に僕はマネジメントが極端に弱いので今度から意識してみます☆

読者会、今度参加してみてもいいですか??
【2008/02/25 04:41】 URL | なま #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://take1204.blog7.fc2.com/tb.php/351-7fdf04e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。