加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

第2回読書朝食会@新丸ビル
※初めて来られた方は、このブログ1日1歩のコンセプトをご覧下さい。
--------------------------------------------------------------------


こんばんは!

この週末は3連休、少しハイな気分でスタートしたのですが、
そんな土曜の朝はココにいました!

新丸ビル☆

そうです!新丸ビルです!!



ランキング混戦中!?
就活ブログランキング、今日は何位でしょう??



何をしていたのかというと、
第2回読書朝食会を行ったのでした。
参加者のお一人(企画者?)であるTのさんのお力を借り、
新丸ビルの10Fで開催することができました。

第1回の読書朝食会も素晴らしい場所でできましたし、
本当に恵まれていますね。
ありがとうございます。


ということで、今回の会のエッセンスを共有させていただきます。



実戦!問題解決法実戦!問題解決法
(2007/04/06)
大前 研一、斎藤 顕一 他

商品詳細を見る

今回が初参加、というか僕自身も会うのが2回目Nべさんのオススメはこちら。
SEという仕事柄か、
「普段はなかなか文系の人と接することがないから・・・」
ということで参加してくださいました。

問題解決に関する原理原則が書いてある本で、
”信じることの大切さ”
”足して100になるように”
など、当たり前のことから新しい気づきまで、
身近な具体例を挙げて解説してくれている本とのことです。



自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
(2006/10/19)
アービンジャー インスティチュート、金森 重樹 他

商品詳細を見る

前回参加してくれたSほこと同じく
某総合人材サービス企業に勤めるPさが持ってきた本はこちら。

これを読んで、”相手の立場に立って物事を考える”という
当たり前のことをほとんどできていない自分に気づいたそうです。
「小さな箱の中に入ってしまっていた」と。

彼はキャリアカウンセラーをしています。
相手の立場に立って物事を考えることを仕事とする彼ですら
このように思うのだから、
誰にとっても”小さな箱”の気づきはありそうですね。



仕事のプロが新人のために書いた仕事の本―入社3年目までに読む 成功のための原理原則55仕事のプロが新人のために書いた仕事の本―入社3年目までに読む 成功のための原理原則55
(2007/01)
嶋田 有孝

商品詳細を見る

僕は今回共有させていただいたのは、この本です。
自分自身よりキャリアの長い方が多い場で、
あえてこのような本を紹介させていただきました。
マニアックな方が多い(良い意味で笑)会なので、
こういう本は知られていないし、いいかなと(^^;)

内容としては、入社3年目までのために書かれた、
ビジネスパーソンとして重要な55の原理原則について
わかりやすく解説してあります。
1つ1つが短くまとまってますし、図もあってイメージがしやすいです。

以下一例を。
--------------------------------
「儲ける」という漢字を分解すると、
じるとなります。
儲けるということは、ファンが増えるということ。
正確にいうと、儲けるのではなく、
ファンが増えていった結果として”儲かる”のです。
--------------------------------
僕は物事をシンプルに考えるように努力していますし、
その行き着く先として原理原則があるのだと思っています。
ビジネスパーソンの土台となる原理原則であれば、
それこそが根本なのではないでしょうか。

社会人になる寸前の内定者とかには、是非読んでもらいたい1冊です。



生涯最高の失敗 (朝日選書)生涯最高の失敗 (朝日選書)
(2003/09/09)
田中 耕一

商品詳細を見る

僕と一緒にこの会を企画してくださっている
某人材紹介会社社長Tのさんがご紹介くださったのはこちら。
ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんとは出身大学が一緒とのことで、
興味を持って読んだそうです。

”もったいない”という、日本人が世界に誇る考え方が
あのノーベル化学賞受賞を生んだというセレンディピティ、そして
「インタビューは苦手だし講演はしたくない」
からこの本を書いたという田中耕一さんの人柄、
それらが伝わってきました。
こういう人達が、今の日本を支えているのでしょうね。



成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 (講談社プラスアルファ文庫)成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 (講談社プラスアルファ文庫)
(2006/09)
神田 昌典

商品詳細を見る

某WEB系企業の社長であるMりさんのオススメはこちら。
前回はお宅にお邪魔したにも関わらず
お忙しそうで大変申し訳なかったのですが、
今回は無事ご参加いただけました^^

彼女が言う名著の条件は
何度読んでも新しい気づきがあること。
この本はまさにそうだとおっしゃっていました。

初めて読んだのは学生時代だったらしく、その時はこの本を読んでも
本当に物語を読んでいる感覚だったそうです。
しかし、実際に起業して約3年。
本に書かれていることが本当に起きており驚いているとのことです。
この本の5分の3くらいまで到達した、と(笑)



静かなリーダーシップ (Harvard business school press)静かなリーダーシップ (Harvard business school press)
(2002/09)
高木 晴夫、渡辺 有貴 他

商品詳細を見る

今回が初参加、というか社長のMりさんのスケジュールを見て
興味を持って参加してくださった(ありがとうございます!)
Oのさんにご紹介いただいたのは2冊。
1冊目は、ヒーロータイプのリーダーばかりが注目される中、
そういった従来型のリーダーとは違ったタイプのリーダーのあり方に
注目したという本です。

”自尊心”、”謙遜”、”忍耐”をキーワードに挙げていましたが、
上場企業の中間管理職の人など、
今まではスポットライトを浴びることがなかった点に
フォーカスした内容のようです。



奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ
(2006/01/24)
リカルド・セムラー

商品詳細を見る

さて、Oのさんがご紹介してくださった2冊目はこの本です。
簡単にいうと、クレド否定の本だそうです。
判断力のある大人が集まっている組織であれば、クレドはいらないと。

僕の会社における主なミッションが新卒採用なだけに、
この考え方のは大分違和感を覚えました(笑)が、
新しい考え方を得られそうな内容でした。
クレジットカードを社員に渡して自由に使わせる会社もあることですし、
組織って面白いですね。



ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え
(2003/06/19)
本田 健

商品詳細を見る

今回の読書朝食会最後の発表者は、Gちんです。
2年以上振りに会ったのですが、変わってませんでした。良い意味で(笑)

ここも正直に書いてしまいますと、彼の話からはこの本の内容よりも
彼のスタンス、考え方を多く受け取りました。
出会ってちょうど3年。
当時から多くの刺激をもらっていましたが、改めて彼の
真面目さ、勤勉さ、愚直さ、頭の良さ、意欲の高さなどを感じました。
一番感じたのは、マニア度合いの高さですけど(爆)



ということで非常に長々と書いてしまいましたが、
それだけ有意義な会でした。

まずは成功者の告白、読みます!!



というか、今回はほとんどの方が初参加だったのですね。
あとで気づきました。
でも、こうやって新しい方がドンドンと参加してくださる会にしたいです。
興味をお持ちの方は、是非ご連絡ください!!



ちなみに、読書朝食会の後にGちん、Nべさんと行ったランチ。

オアゾにて豪華なランチ♪

土曜の朝から新丸ビル→オアゾと、
ちょっと非日常な感じでした(笑)



では、これから深夜バスで仙台に行ってきます!!



それでは、まだチェックしてない方は
就活ランキング、チェックしてみてくださいね♪



<今日のハッピー&サンクス>

僕のHAPPYは、Gちんと再会できたこと。
3年前に知り合ったけど、この2年間はほぼ接触がなかったので、
こういう場で再会できて良かったです。
これからも同期として、いろいろ仕掛けていこう!!

僕のTHANKSは、読書朝食会に参加してくださった皆さんです。
無事に第2回も開催することができました。
それもこれも、Tのさんをはじめとした皆さんのお陰です。
もっともっと魅力的な会としてこれからも
開催していきたいと思いますので、よろしくお願いします!!

本当にありがとうございます。


スポンサーサイト

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

この記事に対するコメント
しごとがら
Webに関する本を読むようになりました。
取り敢えず、メジャー所から攻めています。

・ウェブ進化論(梅田望夫著)
・グーグルGoogle(佐々木俊尚著)
・爆発するソーシャルメディア(湯川鶴章著)
・ウェブ仮想社会「セカンドライフ」(浅枝大志著)
・IT・ウェブの最新常識(高作義明著)

最後のが一番しろうと向けです。
上4つはいっぺんに買ったので早く読むぞう!
【2008/02/10 16:13】 URL | 崖っぷちリーダー #- [ 編集]


流石!もうまとめてある!
【2008/02/11 11:15】 URL | 高野秀敏 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://take1204.blog7.fc2.com/tb.php/345-911890b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。