加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

本場スタンフォード大学d.schoolに学ぶ!「デザイン思考入門」【イベントレポート&講演スライド】



※この記事は、最近メインで書いている夫婦メディア「@カフェ(アットカフェ)」( http://atcafe-media.com/2012/11/10/design_thinking/ )のダブルポストです。元記事のブログをRSS登録していただけると幸いです。


スタンフォード大学のデザインスクール「d.school(Institute of Design at Stanford)」による公式ガイドブックの翻訳版「デザイン思考家が知っておくべき39のメソッド」が無料公開され、公開からわずか3日で2万ダウンロードを超えたことは記憶に新しいところです。このd.schoolの翻訳資料は、「慶應義塾大学SFCデザイン思考研究会」が編集し、岡山大学大学院 自然科学研究科 コミュニケーション教育コース 非常勤講師の柏野尊徳氏が監訳したもの。11月3日文化の日、本場スタンフォード大d.schoolによる公式ガイドブックを資料として使いながらワークショップ形式でデザイン思考を体感できるイベントが開催されたので、その様子をレポートとしてまとめてみようと思います。
 
<目次>

■多様性とイノベーションの関係性
■デザイン思考とは
■デザイン思考の5ステップを実践するワークショップ
・【ステップ1】Empathize:共感
・【ステップ2】Define:問題定義
・【ステップ3】Ideate:創造
・【ステップ4】Prototype:プロトタイプ
・【ステップ5】Test:テスト
■デザイン思考ワークショップのまとめ


<参考>

デザイン思考家が知っておくべき39のメソッド
http://kashinotakanori.com/bootleg/


『イノベーションを起こすための3ステップ・ツールキット
〜人間中心デザイン思考:Human-Centered Design Thinking〜』


http://kashinotakanori.com/bootleg/index.php?ideo


d.school: Institute of Design at Stanford
http://dschool.stanford.edu/


本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考マスター・クラス
2012年12月15日(土)・16(日) 10:00〜18:00

http://kashinotakanori.com/bootleg/index.php?master


話題のスタンフォード大学デザインスクール -d・school- に行ってみた
http://blog.btrax.com/jp/2012/07/22/dschool/



 


多様性とイノベーションの関係性


 
イントロダクションとしてまずは、今回のワークショップの目的・効果・手法、そしてデザイン思考の特徴などが説明されました。目的としては、デザイン思考の5ステップを学び、初学者としての基礎的理解を得ること。期待できる成果としては、現場の問題解決につながるデザイン発想法を獲得すること。非常にシンプルです。



また今回のワークショップの参加者は約30名だったのですが、その参加者属性は非常に幅広いのが特徴でした。まさに、この「多様性とイノベーションの関係」を強く意識して構成されていたのでしょう。募集段階から社会人26名、学生10名と決められていました。同じ組織に所属する人や専門分野が同分野の人たちばかりの集団よりも、多様性を意識することによって突出したイノベーションが生まれるという研究結果の説明も。ブレイクスルーのためには多様性が重要だということが、ワークショップの最初に強くインプットされます。



その後、今回のワークショップでは参加者一人ひとりの「価値観に焦点を置く」ということで、5〜6人で1つのグループをつくってその中で自己紹介タイムへ。


 



「1.本日呼んでもらいたいニックネーム」「2.ワークショップ参加のきっかけ」「3.仕事、学校、家庭、社会などに対して現在持っている問題意識」の3点を1人90秒でグループ内共有します。この自己紹介タイムがあることによって、一人ひとりの価値観・問題意識がグループ内に共有されることはとても重要だなぁと感じました。ここまでの意識共有を踏まえて、今回のメイン・テーマである「デザイン思考」の話に移っていきます。
 
 


より良い状態に変えていくためのデザイン思考


 
「デザインって何?」という問いに対しては、一人ひとり答えが多少変わってくるかと思います。今回のワークショップでは、「デザイン」を「今の状況をより良い状態に変えていくこと」、シンプルにいえば「デザイン=問題解決」、「デザイン思考=問題解決のための思考法」と定義しています。これがd.schoolのいう「デザイン」だそうです。


 



では、この「デザイン思考」の特徴は何でしょうか。講師の柏野氏はここで、「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、彼らは『もっと速い馬が欲しい」』と答えていただろう。」というヘンリー・フォードの馬車と車の話を持ち出します。自動車が普及する前の欧米では、交通手段といえば馬車でした。自動車を知らない人々は、当然ながら自動車の利便性を想像できるわけもなく、「自動車を作ってくれ」とは言いません。ヘンリー・フォードは馬車という表面的なものにとらわれず、人々の本質的なニーズ、つまり「速く移動したい」という欲求を見抜いたという、非常に有名な話です。スティーブ・ジョブズが常識にとらわれず、次々と革新的なプロダクトを生み出したことにも共通する先見性だと思います。このような「新しいニーズを作り出す」こと、「既存の枠組みを超越していく」ようなイメージがデザイン思考の特徴であり、最大の強みだと言えます。 
 
 


デザイン思考の5ステップを実践するワークショップ



続いて、本日のメイン・パートとして、本場仕込みのデザイン思考の5ステップ「Emphasize(共感)」「Define(定義)」「Ideate(創造)」「Prototype(試作)」「Test(検証)」の理論紹介とワーク実践です。この5つのステップについてそれぞれ細かく追求し、「デザイン思考の基礎を体得すること」を目標としてワークショップが進んでいきます。
 
 


【ステップ1】Empathize:共感


 


5ステップの1つ目は「Empathize:共感」です。


続きはこちら。
http://atcafe-media.com/2012/11/10/design_thinking/

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

スポンサーサイト


Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。