加藤たけしの「1日1歩」 ~1年経てば365歩前へ~
読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)発起人兼コミュニティ管理人加藤たけしのブログ。早いもので、社会人も6年目に突入!社内外問わず様々な方から刺激を受けつつ、1日1日を大切に日々を過ごしています。 1日1歩の成長で、1年経てば365歩!!1年後が楽しみです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

【人生を方向付けてくれる動画7選】変化の激しいこの時代に、新たな一歩を踏み出す人たちへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Polaris at  RTMC, 220sec



※この記事は、最近メインで書いているITmediaオルタナティブブログ( http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2012/01/7-19b3.html )のダブルポストです。そちらをRSS登録していただけると幸いです。



明日1月9日は成人の日ですね。今年の新成人は前年よりも2万人少ない122万人で18年連続減少、5年連続で過去最少を更新しているようです。ベビーブーム世代が成人してピークを迎えた1970年は246万人、初めてその半数を下回り、総人口比も1%以下とのこと。元旦の23時から3時間放送されて話題になったTV番組「新世代が解く!ニッポンのジレンマ ~震災の年から希望の年へ~」でも話が挙がっていたとおり、日本の将来を担う若い世代が減っていってしまうことはポジティブには捉えられませんが、そんな今だからこそ、新成人の皆さんに届けたいメッセージとして、このブログ記事を書いています。



<参考URL>

2012年の新成人は122万人・過去最少値…新成人人口の推移をグラフ化してみる
http://www.garbagenews.net/archives/1879615.html

Eテレ「新世代が解く!ニッポンのジレンマ~震災の年から希望の年へ~」まとめ
http://togetter.com/li/235652


僕自身は今28歳で、成人式から8年が経とうとしています。150人規模のサークル代表、就活支援学生団体のイベント局長などを務めた大学生時代後半の2年間、人材業界での約3年半、ITベンチャーでの1年、そして現職 ループス・コミュニケーションズ での1年3ヶ月。まだまだ大人としてひよっ子ですが、楽しいことも苦しいことも、この8年間でそれなりに経験をしてきたつもりです。

なので、今年成人式を迎える皆さんに、少しだけ人生の先輩として、僕の人生を方向付けてくれた7つの動画を紹介したいと思います。独断と偏見で選んだもので恐縮ですが、動画再生数や知名度からしても、多くの人の人生に大きな影響を与えた動画と言えるでしょう。成人の日という人生の節目にご覧いただければ幸いです。







1.セヴァン・カリス・スズキ「伝説のスピーチ@環境サミット1992」




スピーチの書き起こしは こちら




1992年にリオデジャネイロで開催された環境サミットにおける、当時12歳だったセヴァン・カリス・スズキ(Severn Cullis-Suzuki)のスピーチです。世界中の首脳が集まるこの会議に、子どもの環境団体の代表として参加し、満場の拍手喝采を博しました。「どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」という12歳の少女が放った力強いメッセージは多くの人の心に響き、「伝説のスピーチ」と呼ばれています。



また、観たいと思いつつ結局まだ観れていないのですが、セヴァンの地球のなおし方 という映画が、伝説のスピーチから約20年が過ぎようとしている2011年、日本でも公開されました。以下の記事で詳しく解説してくれています。上記スピーチから20年の今年、ゆっくり観てみるのもいいかもしれません。



<参考記事>

あのスピーチからもうすぐ20年。
原発、気候変動、農業に対して、セヴァン・スズキが送るメッセージ
映画『セヴァンの地球のなおし方』

http://greenz.jp/2011/06/16/severn_cinema/








2.ランディ・パウシュ「最後の授業」




最後の授業(The Last Lecture)の全文は こちら




米カーネギーメロン大学の終身教授ランディ・パウシュが2007年9月18日におこなった、文字通り「最後の授業」の様子です。パウシュは膵臓癌に冒されていて、この「最後の授業」を行った時、余命は3ヶ月と宣告されていました。命の灯火が残り3ヶ月と分かったとして、自分自身が誰に何を伝えるべきなのか、深く考えさせられる動画です。



2008年7月25日、彼は47歳という若さで亡くなりました。「最後の授業」というタイトルでDVDつきの書籍も出版されていますが、最後まで「人を楽しませること」=「自分の喜び」いう生き方をしていたパウシュの「最後の授業」は、ぜひ90分(=大学の授業1コマ分)通して見ていただきたいと思います。







3.ティナ・シーリグ「20歳のときに知っておきたかったこと」





2010年に話題になり、大ベストセラーとなった 20歳のときに知っておきたかったこと ~スタンフォード大学集中講義~ の著者であり、スタンフォード大学でアントレプレナーシップを教えているティナ・シーリグ教授が行った講義の一部です。「誰かが作った会社で他人の基準で出世を待つのではなく、自分で自分を社長にする」という考え方は、まさに今の時代に求められていることだと思っています。



シリコンバレーの成功者の多くは、失敗したことがない人を評価しないと聞きますが、それは十分なリスクをとっていないから。「早く、何度も失敗せよ」という彼女からのメッセージには感銘を受けましたし、常に意識していきたいところです。自分たちの可能性は、自身が思っている以上に広がっているはずですよね。



<参考記事>

20歳を過ぎても遅くない ”勇気ある失敗”を

http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/06/20-5145.html








4.デレク・シヴァーズ「社会運動はどうやって起こすか」




TEDでのスピーチ書き起こしは こちら




デレク・シヴァーズが、ある音楽祭でおバカに踊る裸の男とフォロアーに触発されて制作したこの映像は、世界的に著名な TED で放映され、会場総立ちや満場の拍手が起こりました。「最初のフォロワーの存在が一人のバカをリーダーへと変える」というように、フォロワーの重要性を説いたスピーチです。



この動画は「新しい公共」円卓会議でも取り上げられ、鳩山元総理が「裸踊り」と言ったことでも有名ですし、関西学院大学・お茶の水女子大学・東洋大学・城西国際大学など、今では多くの大学や関係機関で教材として使われているとのこと。世の中が少しずつですが、変わってきていることを感じます。









5.Social Media Revolution 2(ソーシャルメディア革命2)





ソーシャルメディアの最新トレンドや数値をキャッチアップできる動画シリーズ「Social Media Revolution(ソーシャルメディア革命)」です。第1作目は2009年7月公開以来、YouTubeで300万回以上再生され、Socialnomics(日本語版は つぶやき進化論)の著者、エリック・クォルマンのプロデュースで第2弾にアップデートされました。



最新版は第3弾なのですが、今回はちょっと思い入れがあり、第2弾を紹介しています。理由は2つ。まず、第3弾よりも第2弾までの音楽の方が、変化の激しい今の時代をうまく表現していると思うから。そして何より、僕自身がループス・コミュニケーションズに転職するきっかけの一つになったのが、この動画だということです。時代は変わり、コミュニケーションのカタチも変わる。それを強く実感させてくれた動画です。



<参考記事>

ソーシャルメディアの最新トレンドや数値をキャッチアップできる動画シリーズ
「Social Media Revolution」最新作

http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/06/social-media-re-2cf7.html








6.Pray for japan By Project MESH Soclal translation





2011年3月11日の地震発生直後から、Twitterの #prayforjapan のハッシュタグで世界中から日本への祈りのメッセージが届いたこと、皆さんも覚えていらっしゃるかと思います。あの時 #prayforjapan のハッシュタグに届いた世界中からのメッセージを、友人たちが中心となってチームを組み、ほぼリアルタイムで翻訳してまとめた動画がこちらです。



PRAY FOR JAPAN - 3.11 世界中が祈りはじめた日 という書籍も発売されましたが、僕個人としては、この動画により強く心を揺さぶられました。僕自身の人生のテーマにしている「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」。これをより強く意識するようになりました。裸踊り&ソーシャルメディア革命の世界観が、目に見える一つの形として世の中に価値を生んだ身近な事例として、僕の心に深く刻まれています。これからも中長期的な支援を継続していくためにも、この動画は定期的に見るようにしています。









7.スティーブ・ジョブズ「スタンフォード大学卒業式のスピーチ」




スピーチの書き起こしは こちら




最後に、スティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォー ド大学の卒業式で行ったスピーチも紹介します。このブログでも何度も紹介していますが、このスピーチには僕自身、本当に強く影響を受けています。癌を宣告され、死と向き合ったジョブズの凝縮された言葉の数々が詰まっているスピーチです。



「Connecting the dots.」「Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.」「Stay hungry, stay foolish.」・・・心に響く数多くのメッセージが詰まった、本当に濃密な15分のスピーチです。今までに何度も聴いたスピーチですが、このブログ記事を書きながらも何度も何度も繰り返し聴きました。人生の節目には、やはりこのスピーチは必須でしょう。









変化の激しいこの時代に、新たな一歩を踏み出す人たちへ

この記事のまとめとして、上記ジョブズのスピーチからインパクトのあった3つのフレーズを拝借し、僕なりに考えたことを書かせていただきます。


1.connecting the dots.(点と点をつなぐ)

思い通りに人生をデザインすることなんてできるわけがない。本当にそう思います。テクノロジーの進化もあって、自分を取り巻く環境はめまぐるしく変わっていくし、予想もしない出来事が次々に起こります。中長期のビジョンを立てるのはもちろん大切ですが、それ以上に大切だと思うこと。それは、その瞬間瞬間の意思決定に手抜きをしないことです。人生は意思決定の連続なので、その意思決定一つひとつに全身全霊を注ぎこむことが、何よりも大切なんだと思っています。

先を見通して点をつなぐことはできません。僕らにできるのは、将来振り返ってつなぐことだけ。その点と点をつなげてくれるのは、きっと努力でしょう。一瞬一瞬を大切にして精一杯生きていれば、何らかの形で点がつながっていくはずです。


2.Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.
(時間には限りがある。だから、誰かの人生を生きることで時間を浪費すべきではない。)


時間は有限。誰しもが当然わかっていることです。でもそのことを日常的に意識できている人は、残念ながら多くはないでしょう。「Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.」とジョブズに言われる度に、ハッとさせられます。自分は無駄なことに時間を使ってないか、と。一瞬一瞬を本当に大切に生きたと、胸を張って言えるか、と。

人は知らず知らずのうちに、周りの影響を受けて時間を過ごしてしまいます。他の人の意見や考え方はやはり気になるものですし、自発的に動いていると自分では思っていても、実はそうではないというような場合も多いので、難しいところです。でも、自分自身の内なる声をかき消されないように。そして、自分の心と直感に従う勇気を持って行動できるように。家に帰ってから、微笑みながら眠りにつけるような毎日を過ごしたいと思います。


3.Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ、愚かであれ。)

これはもう、言葉のままでしょう。元マイクロソフト日本法人社長の成毛さんも言っています。「大人げない大人になれ!」って。

僕はどちらかといえば、物事を真面目に考えてしまう方のタイプだと思います。「Stay hungry, stay foolish.」改めて、心に留めておきたい言葉です。

Steve Jobs - Apple's logo





・・・気がつけばかなりの長文になってしまいました。明日1月9日に成人式を迎える20歳の方たちへのメッセージのつもりでこの記事を書いてきましたが、改めて実感したのは、このブログ記事がそのまま自分自身、加藤たけしへのメッセージになっているということです。僕は20歳を過ぎてから、これらの動画に出逢いました。「もっと早く、学生時代に知っていれば・・・」と思うものばかりです。たとえ20歳を過ぎているとしても、できるだけ早くこれらの動画に接して、考えて、行動してほしいと思っています。

初心を忘れてしまわないためにも、僕自身、これらの動画を定期的に見て振り返るようにします。僕にとっては1月9日は節目ではありませんが、小さな宣言として。




<お知らせ>

学生さん向けOB / OG訪問アプリ「茶会人」に登録しています。就職活動が目的でなくとも、微力ながらご協力させていただきますので、よろしければぜひご連絡ください。

茶会人訪問(OB/OG訪問) http://www.chakaijin.jp/u/takeshikato1204


このエントリーをはてなブックマークに追加






ソーシャルメディアや海外情報など、加藤たけし&佐藤茜( @AkaneSato )夫妻の
Facebookページ @cafe(アット・カフェ)こちら




この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする

スポンサーサイト
2011年の振り返りと2012年に向けて



※この記事は、最近メインで書いているITmediaオルタナティブブログ( http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2012/01/20112012-270b.html )のダブルポストです。そちらをRSS登録していただけると幸いです。


2012年も3日目ですが、新年明けましておめでとうございます!12月30日から元旦まで、東京タワーふもとの ザ・プリンス パークタワー東京ラディソンホテル成田ヒルトン成田 に宿泊し、年末年始を満喫しながらゆっくりと家族で過ごしてきました。元日には加藤家では毎年恒例、成田山 への初詣も。充実した2012年がスタートしています。


(c) .foto project


さて、2011年は地震や原発事故・台風の水害など、本当に多くの出来事がありました。あっという間の1年でしたが、2011年を忘れることなく、未来につなげていきたいと思っています。ということで、僕自身の2011年の振り返りを備忘録として・・・(笑)こうしてブログで1年を振り返るのも何気に5年目、時の流れを感じます。

<参考URL>
2010年:http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-637.html
2009年:http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-555.html
2008年:http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-464.html
2007年:http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-314.html



今回も昨年同様、僕自身にとっての個人的なトピックを勝手にランキング形式でお届けします。他にもいろいろありましたが、僕自身の人生にとって、特に特にインパクトが大きかった出来事をまとめたつもりです。2011年に僕と何かしら関わってくださった方(オンライン / オフライン問わず)にお読みいただけると嬉しいです。
(第7位から始まるのは、僕の好きな数字がラッキー7の「7」だからです)



第7位:USTREAM番組「ループスTV」のプロデューサーを経験

ソーシャルメディアに関する最先端情報をお届けするUSTREAM番組 ループスTV のプロデューサーとして、2011年2月1日に第1回放送をスタートして以来、2011年のうちに計20回を放送させていただきました。1放送あたり約120分の番組なのですが、テーマの選定・キャストのアサイン・番組構成・コンテンツ作成・告知&レポーティングなど、テレビ番組の制作全体を統括するプロデューサーのような経験をしています。

Techcrunch


ゲストの方々とはこの番組をきっかけにして親しくさせていただいているケースもありますし、視聴者の方々との交流も嬉しいです。頻度は落ちるかもしれませんが、月に1回程度の放送を目安に、2012年も続けていきたいと思っています。貴重な機会をいただいているソーシャルおじさん こと 徳本昌大さんとスタジオの皆さん、本当にありがとうございます。視聴者の皆さんには、これからもご視聴いただければ幸いです。

<参考URL>
ループスTV過去20回のアーカイブ
http://media.looops.net/looops_tv/




第6位:Facebook活用本など5冊の出版を担当

2008年に 読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ) をスタートして著者の方との接点も増え始め、2009年~2010年は多くのベストセラー著者の方とコラボでイベントを開催させていただきました。しかし、自身が著者として出版するようになるとは・・・その時点では想像していませんでした。しかし、2010年10月にループス・コミュニケーションズに入社して以来のメイン業務の一つとなったのは書籍の編集・執筆。2011年1月に「ソーシャルメディア・ダイナミクス ~事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略~」に始まり、以下5冊の出版を担当させていただきました。

1.ソーシャルメディア・ダイナミクス(毎日コミュニケーションズ)

2.ひとつ上のFacebookマネジメント術(技術評論社)

3.仕事を成功に導くFacebook活用術(ソフトバンク クリエイティブ)

4.Facebookブランディング(翔泳社)

5.まったくの初心者でもFacebookをビジネスで使いこなせる本(日本実業出版社)



Photo


これまでも著者の方・編集者の方との接点は多かった方だと思うのですが、実際に自分が担当するのは初めて・・・多くの方々にご迷惑をおかけしてしまいました。しかし、5冊の書籍にメインで関わることができたこと、非常に光栄に思います。まったくの初心者でもFacebookをビジネスで使いこなせる本 に関しては、僭越ながら、夫婦で紹介いただきましたし(笑)

弊社ループスCEO斉藤の最新書籍 ソーシャルシフト ~これからの企業にとって一番大切なこと~ も含め、多くの方々に手にとっていただき、本当にありがとうございます。これからも、書籍を通じた情報発信は可能な限り行なっていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


<参考URL>

Facebook活用本を2冊出版!そして4月も・・・
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-647.html

ループスのノウハウを全て公開した戦略書 「ソーシャルメディア・ダイナミクス」を1月20日に出版!
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-639.html




第5位:グローバルでのデュアルライフを強く意識した1年

妻がニューヨークに留学していたこともあり、2010年末の1週間をニューヨークで過ごしました。この1年間で、多くの友人が世界一周に出かけたり、海外で仕事をしたりするようになりました。自分自身としても、これまでの人生でグローバルを最も強く意識した1年でしたし、これは世の中の流れも同様なはずです。

2年前にサンフランシスコに行った時はまだそこまで感じていなかったのですが、グローバルなデュアルライフ=国内と国外に2つ生活拠点を置くライフスタイルを、夫婦とも強く志向するようになりました。正確に言えば、妻はもともとそういった志向性を持っていて、僕が影響を受けた形なのですが(笑)でも実際にハワイと日本を行ったり来たりというデュアルライフを送っている本田直之さん・田島弓子さん夫妻を見ていると、将来的にはそういう生活を送りたいと強く思います。1年前のニューヨークでそう感じ始め、3ヶ月前のハワイで確信しました。

Photo_2


国内の都会と田舎でデュアルライフを送っている人は少なくありませんし、日本という国も素晴らしい国なので、離れるつもりはありません。しかし、日本と海外というデュアルライフを実践している夫婦はまだまだ少ないかと思います。まだ選択肢として認知されていない新しいライフスタイルの1つとして、まずは将来的に自分たちが実現できるよう、準備をしていきたいと思います。

<参考URL>
世界は広くて、美しい!旅に出たくなる映像8選
http://blog.livedoor.jp/akanesato/archives/51296079.html




第4位:個人が1万人から1000円ずつ、1000万円を集めることができる時代

この1年間で国内でも普及が進んできたといえるものの1つに「クラウドファンディング」があるかと思います。僕自身が直接関わっているわけではないのですが、国内だと READYFOR?CAMPFIRE が有名ですし、その他にもクラウドファンディングのビジネスが多く立ち上がっています。

多数の支援者が任意のプロジェクトや事業に対して資金提供を行うクラウドファンディングは、まさに共感をベースとしたモデルで成り立っています。応援したいクリエイターやプロジェクトへ資金を投じることが消費となり、共感が広がっていくのです。国内ではまだ広まり始めた段階ですが、米Kickstarterの この成長グラフ はかなりインパクトがありました。



まさに、「個人が1万人から1000円ずつ、1000万円を集めることができる時代」になってきたということなのでしょう。今の世の中を象徴するようなモデルだと思いますし、僕自身も2012年はもっと積極的に関わる時間をつくりたいと思っています。


<参考URL>

第6回ループスTV:ソーシャル・ファンディング国内3社が集結
特別ゲスト:Grow! カズワタベ 氏、CAMPFIRE 家入 氏、Ready For? 米良 氏
http://media.looops.net/looops_tv/kato/2011/03/29/looopstv_socialfunding/

【発表資料/まとめ公開しました】10.25 開催クラウド・ファンディング勉強会
http://artsmarketing.jp/archives/2071




第3位:競争(Competition)」から「共創(Co-Creation)」へ

ソーシャルメディアの台頭によって、個人でも情報を発信することができるようになり、関与する生活者が増えました。今までは切り離された存在だった企業・団体と生活者の距離が近くなったり、企業や組織の枠を超えて個人と個人とがつながるようになって、上記クラウドファンディングのプロジェクトようなソーシャルなアクションが次々に生まれたり・・・そして3月11日の震災以降、多くの人々が復興を目指して尽力したことが、今起こっている変化を加速させたのではないでしょうか。ただ単につながるだけではなく、「競争(Competition)」から「共創(Co-Creation)」への変化がつながりの先に生まれ始めたと思っています。

Generations


志を共にした仲間と一緒に何かをやる。何かを創り上げる。そこで何かを思い、何かを感じることがすごく重要になってきたと言えるでしょう。リアルな場はもちろん、オンラインでも同様です。オンライン / オフラインを問わず、何かを「共」に「創」る「共創」(Co-Creation)の時代になってきたのだと思っています。ビジネスにおいては、企業から生活者へのパワーシフトが起こっており、時代の流れとしては「暴力」→「富」→「知識」→「共感」へと変化してきているはずです。

会社・組織の枠を越えたコラボレーションはもっともっと増やしていきたいですし、僕自身の昔からの座右の銘は「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」です。人生をかけてやっていきたいと、改めて思いました。ひとりでできることは決して多くはないけれど、みんなで力を合わせれば、できることはもっともっと多くなるはず。この世の中をより面白く、少しでも多くの人がハッピーに過ごせるようになるといいなと思います。


<参考URL>

【まとめ】助けあいジャパンチャリティセミナー「明日のコミュニケーション」さとなお氏 × 「ソーシャルシフト」斉藤徹
http://media.looops.net/kato/2011/11/16/cocreation/

エンパワーメントで I からWeのシフトへ - 2011年の変化と出会いへの感謝
http://learnbydoing.jp/2011/12/31/2011/




第2位:入籍から1年後の結婚式&結婚パーティー

2011年を振り返る中で、自分自身にとって最も印象に残っている出来事。それは自身の結婚式&結婚パーティーです。私事で恐縮ですが(苦笑)東日本大震災もありましたが、僕にとっては正直これが一番です。

2010年9月20日、加藤たけしと佐藤茜は入籍しました。プロポーズはそのちょうど半年前の3月20日。その半年前の2009年9月20日は、初めて2人で海外に行き、サンフランシスコに滞在してました。その半年前の3月20日から、新宿御苑前のマンションで一緒に暮らし始めました。その半年前、2008年の9月20日に僕らは付き合い始めました。

入籍直後の2010年10月から、妻がニューヨークに留学(妻いわく”新婚留学”らしいです笑)に行っていたこともあり、結婚式はしていませんでした。しかし入籍から約1年の2011年9月18日、無事結婚披露宴を執り行うことができました。本当は9月20日がよかったのですが、平日だったのでさすがに妥協(苦笑)また、10月9日には結婚パーティーも実現。本当に幸せな時間でした。

Photo_13



Photo_12


「この笑顔は何倍にもなるし その涙は二人で÷2」という歌詞をご存知でしょうか。僕たちが付き合い始めて間もない頃からよく口にしている、FUNKY MONKEY BABYS「Lovin' Life」のフレーズです。互い手を取り合って、協力し、笑顔の絶えない家庭にしていきたいと思います。茜、これからもどうぞよろしくね。


<参考URL>

”Think different”な結婚パーティーを終えたご報告
http://blogs.itmedia.co.jp/socialreal/2011/10/think-different-112a.html

入籍のご報告です
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-607.html




第1位:2人が最高のチームになる 新しい夫婦のカタチを目指して

結婚パーティーでもお話しさせていただきましたし、 ”Think different”な結婚パーティーを終えたご報告 のブログでも書いたのですが、僕たちは夫婦2人で、「ひとりじゃできないけれどふたりだからできた」と言えるようなことをやっていきたいと思っています。これが僕ら2人の”Think different”であり、加藤たけし&茜夫妻だからこそできるような新しい価値を世の中に生み出していきたいのです。当たり前のやり方・考え方ではなく、常にクリエイティブで”Think different”なやり方・考え方、そして生き方を体現していくつもりです。

Img_9197_2


特に震災以降、働き方の価値観は新しくなってきていることを実感しますが、結婚に関する価値観は古いままの人が多いような気がしています。若い人にとってはまだまだ不安だらけの世の中だとは思いますが、そんな時代でも2人だったら泳いでいける・・・2人で運営するFacebookページ「@cafe(アット・カフェ)」はその第1弾のトライアルとして始めていますし、月1回を目安に放送しているUSTREAM番組「アット・カフェTV」はこれからも続けていきたいと思っています。第5位に書いたデュアルライフ同様、まだ選択肢として認知されていない新しい夫婦のライフスタイルの1つとして、様々なチャレンジを背中で見せていけるよう、頑張っていくつもりです。どうぞよろしくお願いします。


<参考URL>

Facebookページ「@cafe(アット・カフェ)」
http://www.facebook.com/atcafe0920

これからの時代の結婚のバイブル:2人が「最高のチーム」になる― ワーキングカップルの人生戦略
http://blog.livedoor.jp/akanesato/archives/51241179.html






ということで、ランキングを振り返ると、以下のような結果です。

第7位:USTREAM番組「ループスTV」のプロデューサーを経験
第6位:Facebook活用本など5冊の出版を担当
第5位:グローバルでのデュアルライフを強く意識した1年
第4位:個人が1万人から1000円ずつ、1000万円を集めることができる時代
第3位:競争(Competition)」から「共創(Co-Creation)」へ
第2位:入籍から1年後の結婚式&結婚パーティー
第1位:2人が最高のチームになる 新しい夫婦のカタチを目指して



気がつけばかなりの大作ブログになってしまいました(笑)でもまぁ、それだけ濃い2011年だったということだと嬉しく思っています。改めて皆さん、2011年は本当にありがとうございました。オンラインのみならず、オフライン・リアルでも2011年にいろいろと関わってくださり、とても嬉しく思っています。そして2012年も、加藤たけし&佐藤茜夫妻をどうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、本日は三が日最終日、引き続きステキな正月をお過ごしください!


このエントリーをはてなブックマークに追加




ソーシャルメディアや海外情報など、加藤たけし&佐藤茜( @AkaneSato )夫妻の
Facebookページ @cafe(アット・カフェ)こちら



この記事をtwitterへRTするこの記事をツイッターへRTする



Twitter



Facebookページ



プロフィール

加藤たけし

  • Author:加藤たけし
  • 「東北関東大震災」支援クリック募金
    「東北関東大震災」支援クリック募金


    本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う読書朝食会"Reading-Lab"(通称リーラボ)



    ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)の会社で新卒採用とマーケティング、WEB制作・編集やキャリアコンサルタントを経験しながら3年半勤め、ITベンチャーを経て2010年10月からはソーシャルメディア・コンサルティングを手がける株式会社ループス コミュニケーションズの一員に加わった1983年生まれのSFC卒です。読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)を2008年に発足させました。気がつけばなんと!東京だけで2,500名以上の方々が参加してくださる日本最大規模の読書コミュニティに!毎月多数のメディアに取り上げられ、ちょっと驚いています(笑)

    座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」


    ご連絡はお気軽に!
    takeshi.kato1204●gmail.com
    ※「●」を「@」に置き換えて下さい。


    mixiはコチラ:加藤たけし


    Twitterはコチラ:
    takeshi_kato

    By TwitterIcon.com


     (↑自分のできることから
        始めてみませんか?)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。